読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vocareate Project Blog

フリーVSTbotのVocareate Project(ボカリエ)ブログ

DTMerなら誰でも出来る!フリーVSTプラグインだけでロックなサウンドを作る方法①

ロックな曲って作ったことありますか?

DTMはやっているけどロックな曲なんて作ったことがない!そんな人もいるはず。

ギターとベースとドラムというシンプルな構成で作ることができるジャンルではありますが、それぞれの楽器の鳴らし方や展開の仕方。ギターのボイシングが分からなかったり、アンプの音作りが全く分からないなんて事もあるのではないでしょうか。

そこでフリーVSTbotを運用しているVocareate Projectブログの初記事は

 

ロックな曲をフリーの音源やエフェクトだけで作る方法!

 
まずはこちらの音源をどうぞ。

 

音源のタイトル通りフリーVSTだけで作りました。

このようなロックサウンドの作り方や使用VSTプラグインを解説します。

今回は使用VSTプラグインの解説のみで、次回は打ち込みやエフェクトの解説をします。


さてこの記事を書いているのは、Vocareate Project企画者及びフリーVSTbotの中の人のLAMEです。

f:id:vocareateproject:20170207001145p:plain

twitter.com

以前は『LAMEのブロマガ』というニコニコ動画のサービスの1つであるブロマガでDTM関連の記事を書いていました。

ch.nicovideo.jp

本日からVocareate Project Blogにて記事を書きます。よろしくお願いします。

使用VSTプラグイン

ドラム

Drumcore 3 free

f:id:vocareateproject:20170206204739j:plain

配布は終了していますがWebArchiveからダウンロードできるみたいです。できなかったら…ごめんなさい。

フリーのアコースティックドラム音源ではMT Power Drum Kit 2やDrumMic'aといったものもあるのですが、音が太くロック向きということでDrumcore 3 freeをチョイスしました。

de-de.sennheiser.com

非常に完成度が高いドラム音源ですが、デフォルトのままではパンが振られていないためお好みで調整してDAW側でプリセットとして保存しておきましょう。
といいながら先ほどの音源パンをいじっていません。てへへ。

スネアの音が少し大きめな気がしたので、音量を下げています。

細かく音を作り込むのであればパラアウトも可能なので個別にエフェクトをかけることも出来ますが、既に音が作られているためパンと音量の調整のみで問題ないと思います。

エレキギター

Sforzando

www.plogue.com

SforzandoはSFZ形式の音源を読み込むプレーヤー。

Yamahagtr

リンクが切れまで時間の問題かもしれません。ダウンロードはお早めに!

http://web.archive.org/web/20160314023243/http://bandshed.net/sounds/sfz/yamahagtr.zip

SFZ形式のエレキギター音源。KONTAKTを使用しないフリー音源の中では最も使いやすいエレキギター音源だと思います。

f:id:vocareateproject:20170206215243p:plain

Sforzandoは最初に『SETTING』から『User files path』からSFZファイルが入っているフォルダを指定しましょう。Yamahagtrのみ使用するのであれば、そのフォルダを指定するだけで良いです。しかし他にSFZファイルを使用したい、しているというのであればSFZファイルを入れるフォルダを作成し、そのフォルダを指定してください。

f:id:vocareateproject:20170206215519p:plain

指定すると『User』から選択できるようになります。

muteはブリッジミュート(パームミュート)の音。nzはノイズあり。sは左右に振り分けられたステレオの音色。
今回使用するのは『yamaha_sus_mute』というものです。

しかしこの音源は音のリリースが長く、キレの悪い音です。そこでSFZファイルを編集してリリースの長さを変更します。

Yamahagtrのフォルダを開き、『yamaha_sus.sfz』をメモ帳などのテキストソフトで開きましょう。

右クリック→プログラムから開く→プログラムから選択
でメモ帳が出てくるはずです。

f:id:vocareateproject:20170206220240p:plain

 

f:id:vocareateproject:20170206215936p:plain

<group>のampe_releaseを0.1に変更します。これだけです。
上書き保存しましょう。

これでYamahagtrを使う準備が整いました。

 

ベース

Ample Bass P Lite II

f:id:vocareateproject:20170206221608j:plain

ベースギターの音源ではフリー最強と言って良いでしょう。素晴らしい音源です。

このプラグインについてはLAMEのブロマガのほうで詳しい解説をしています。

ch.nicovideo.jp


アンプシミュレータ

AmpliTube Custom Shop

f:id:vocareateproject:20170206222142j:plain

IK Multimediaのアカウント作成後、ユーザーエリアからダウンロード。その後アクティベーションをすることで使用できます。

導入まで少々面倒ですが、他のフリーアンプシミュレータは音が悪かったり、音が良くても初心者には分かりづらいものがありますからAmplitubeは是非とも導入するべきです。

ペダル(ストンプ)エフェクト→アンプヘッド→キャビネット→ラックエフェクトの順で音作りをします。
アンプはMarshall JCM800、Fender DELUXE REVERBを元にした2種類とベースアンプを収録。

アンプシミュレータについてある程度の知識や有料プラグインを持っている方は、お好みで音作りをしてください。

EQ

SoundBytes DDMf IIEQ Pro

f:id:vocareateproject:20170206223419j:plain

soundbytesmag.net

一部機能制限がかけられている機能限定版のEQですが、アナライザー付きで操作もしやすいです。右クリックで簡単にEQピークやシェルフ、フィルター、ノッチなどの変更。Altを使用するとEQのオンオフが簡単に行なえる他、Ctrlを押しながら操作することで操作している帯域のみの音を聴くことができます。

T-RackS Classic EQ

f:id:vocareateproject:20170206224757p:plain

www.ikmultimedia.com

Amplitubeと同様にアカウント作成後ダウンロード可能なT-RackS Custom Chopの中に収録されています。アナログライクなEQでブーストすると心地よいサウンドです。

LRやM/Sでの処理ができる貴重なフリーEQ。

TDR VOS SlickEQ

f:id:vocareateproject:20170206224930j:plain

www.tokyodawn.net

クリアな音質でマスタリングに使用しました。あくまで微調整用。派手なイコライジングには使用しません。

コンプレッサー

Molot

f:id:vocareateproject:20170206225613p:plain

Molotvladgsound.wordpress.com

ハードウェアコンプレッサーのようなコンプレッションを得られるプラグイン
ギターとベースに使用しました。

詳しい解説はこちらでしています。

ch.nicovideo.jp

TDR Kotelnikov

f:id:vocareateproject:20170206230056p:plain

www.tokyodawn.net

音の潰れを感じさせないクリアなバスコンプレッサー。2つのリリースが付いている特徴的なプラグイン

マスタリングで使用します。

リミッター

Limiter No.6

f:id:vocareateproject:20170206231016p:plain

Limiter №6vladgsound.wordpress.com

ロシア製なのに日本語対応のマスタリングプラグイン。今回はピークリミッタ、クリッパ、出力保護を使用。音圧を上げるにはクリッパと出力保護の設定が大事です。

ドラム、マスタリングで使用しました。

使い方は以下を参考に。

 

 

バーブ

Reverberate CS(Computer Muisc付属)

Computer MusicというイギリスのDTM雑誌に付属しているプラグインです。

無料…とは言えないですよね。フリーのリバーブはほとんど削除していたためこれぐらいしかありませんでした!

しかしReverberate LEという無料版があります。

f:id:vocareateproject:20170206232445p:plain

www.liquidsonics.com

IRというデータを読み込んで使うプラグインのためリバーブのIRデータをダウンロードする必要があります。以下のリンクからダウンロードしましょう。

Download GN’s Personal Lexicon 480L IR’s | Housecall FM

 

その他

A1 Stereo Control

f:id:vocareateproject:20170206234335p:plain

www.alexhilton.net

ステレオイメージャー。

マスタリングで使用。リズムギターをバスでまとめてこれを使うという手法もありますが…今回はやっていません。

 

T-RackS Metering

f:id:vocareateproject:20170206234445j:plain

www.ikmultimedia.com

MIX、マスタリングのお供。音圧の確認や、左右の分布、位相のズレの確認。スペクトラムアナライザーもついています。T-RakcS CSに収録されています。

 

Deespeaker

f:id:vocareateproject:20170206234612j:plain

DOTEC-AUDIO - "DeeSpeaker" VST plug-in

ヘッドホンでもスピーカーの鳴りをシミュレートしてくれるプラグイン


ヘッドホンの音に慣れているのでヘッドホンを使用しながらもスピーカー鳴りでMIXできるのはありがたいです。通常のヘッドホンミキシングでは気付かない音を被りをEQで調整したり、ボリュームフェーダーを調整します。ボリュームの調整はこのプラグインがあるとすごくやりやすいです。

jbridge

f:id:vocareateproject:20170206235626p:plain

jBridge ( for Windows&nbsp;)jstuff.wordpress.com

こちらは有料ソフトですが紹介します。

32bitVSTプラグインを64bitのDAWで使用できるようにするソフト。Drumcore 3 freeは32bitのため、dllをjbridgeで変換して使用しています。

DAWの32bit、64bitブリッジは重かったり、そもそもブリッジを搭載していないDAWもあります。フリーのVSTは未だに32bitのみでリリースされることがあるため、フリーVSTを64bitDAWで使用するなら是非導入したいソフトです。この記事書いた時点では2000円を切っているため非常にお安いです。

 

 

次回は実際に制作段階の解説をします。

 

②→まだ

 

 

vocareateproject.wixsite.com