Vocareate Project Blog

フリーVSTbotのVocareate Project(ボカリエ)ブログ

無料のAddicitve Drums 2デモ版で使えるプリセット4種配布

f:id:vocareateproject:20170826154917p:plain

無料で使えるAddicitive Drums 2デモ版のFairfax Vol.1(キック1種、スネア1種、ハイハット1種、クラッシュシンバル1種のみ)を使ってプリセットを作りました。


このデモ版に収録している4種類のプリセットがありますが…4種類ですからね。フリーVSTbot管理人としてここはプリセットを作るべきだと。ちなみにAddictive Drums 2のStudio Pop、Studio Rock、Indie、Black Velvet、United Heavyを所持しておりAD2を普段からよく使っています。


では今回作ったプリセットのサウンドはこちら。1つ目はタイトなポップスやロックに使えるサウンド。2つ目はルームマイクの音を多めに使った部屋鳴りがしっかりとあるもの。3つ目はキック、オーバーヘッド、ルームマイクで音作りをし、昔ながらの録音手法をイメージ。4つ目は大胆に音を変えたダンスミュージックでも使える音作りをしました。

プリセットのダウンロードはこちらから。


プリセットの導入方法ですが、Addictive Drums 2のプリセットフォルダにダウンロードし解凍したファイルを入れてください。

Windowsであれば"C:\Users\ユーザー名\Documents\Addictive Drums 2"の中にあるフォルダにプリセットフォルダがあると思います。Macは………。


上記リンクからダウンロードせずXLN Audioのページから直接インポートする方法もあります。

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot1.AD2Preset

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot2.AD2Preset

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot3.AD2Preset

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot4.AD2Preset


フリープラグインで頑張っているDTMerの皆さん是非使ってください。

 

 

 

 

ASIO multiclient driverを使って複数のソフトウェアからASIOで出力する方法(※32bitソフト限定)

(Windows環境の場合)DTMではオーディオドライバとしてASIOを指定することがほとんどです。


ASIOは基本的に排他でありDAWでASIOを使用している間は他のソフトウェアから音が出ないことがあります。オーディオインターフェースによってはWDM、MMEは別に再生できたり、マルチクライアントで複数のソフトウェアからASIO出力、入力が可能なものもあります。


しかし中には排他となっているものもありますね。安くて高音質という口コミを聞いて新しく購入したオーディオインターフェースUS-1x2はASIOの入出力は一つのソフトから、WDMやMMEは別に再生可能というものでした。Cubaseを開きながらfoobar2000でASIOを使って再生したかったのですが出来ませんでした。


また、マルチクライアント非対応のオーディオインターフェースを使っていたりASIO4ALLなどを使っている方の中にはDAWを開きながらブラウザの音を出したいという人もいるのではないでしょうか?


そこでSteinbergが非公式で配布しているASIO multiclient driverを使って複数のソフトウェアからASIOで出力してみましょう!

続きを読む

フリーで使えるロックな無料ドラム音源『PERFECT DRUMS PLAYER』を使ってみよう!

ロック向きな派手で太い音のフリーのドラム音源とは?

無料のアコースティックドラム音源といえば、MT Power Drum Kit 2とDrummic'aなどが有名ではないでしょうか?

MT Power Drum Kit AU VST Drums Sampler Plugin Instrument FREE

de-de.sennheiser.com


しかしロックやメタルで使われるような太くバチッ!と音の鳴るフリーのドラム音源ってあまり無いのです。

Drumcore Freeというものがありますが既に配布されておらず(WebArchiveからはダウンロード可)、32bitのみ。

web.archive.org


Sean Pandy Drumsはメタル向きな派手な音で良い感じですが金物がありません。出来れば金物があったほうが良いですね。

free.chokehold.net

そこでいくつかの制限があるものの十分使える『PERFECT DRUMS PLAYER』を使ってみましょう!

f:id:vocareateproject:20170329204031p:plain

続きを読む

バージョンアップでさらに進化したDeeTrimレビュー!劣化させずダイナミクスを一定に

ダイナミクスを揃えるということは聴きやすくする、音圧を上げるといったことで重要となってきます。

しかしボーカルのようにダイナミクスの大小が激しく、コンプレッサーを使っただけではなかなかうまくいかないことがあるのです。

このような場合フェーダーのオートメーションを書くことでいわゆる「手コンプ」を行い、小さい音を持ち上げ、大きい音を下げるといったことを手動で行います。

f:id:vocareateproject:20170313160445p:plain

しかし、この手コンプはかなり労力を必要とします。

そのためWaves社のVocal Riderのような、手コンプを自動で行うプラグインがあるほどです。

 

f:id:vocareateproject:20170313155717j:plain

 

しかしこのVocal Riderよりも圧倒的にシンプルでダイナミクスを揃えることに特化したのがDeeTrimです。

f:id:vocareateproject:20170313155053p:plain

DOTEC-AUDIO - "DeeTrim" VST plug-in

sonicwire.com

続きを読む

DTMerなら誰でも出来る!フリーVSTプラグインだけでロックなサウンドを作る方法①

ロックな曲って作ったことありますか?

DTMはやっているけどロックな曲なんて作ったことがない!そんな人もいるはず。

ギターとベースとドラムというシンプルな構成で作ることができるジャンルではありますが、それぞれの楽器の鳴らし方や展開の仕方。ギターのボイシングが分からなかったり、アンプの音作りが全く分からないなんて事もあるのではないでしょうか。

そこでフリーVSTbotを運用しているVocareate Projectブログの初記事は

 

ロックな曲をフリーの音源やエフェクトだけで作る方法!

 
まずはこちらの音源をどうぞ。

 

音源のタイトル通りフリーVSTだけで作りました。

このようなロックサウンドの作り方や使用VSTプラグインを解説します。

今回は使用VSTプラグインの解説のみで、次回は打ち込みやエフェクトの解説をします。


さてこの記事を書いているのは、Vocareate Project企画者及びフリーVSTbotの中の人のLAMEです。

f:id:vocareateproject:20170207001145p:plain

twitter.com

以前は『LAMEのブロマガ』というニコニコ動画のサービスの1つであるブロマガでDTM関連の記事を書いていました。

ch.nicovideo.jp

本日からVocareate Project Blogにて記事を書きます。よろしくお願いします。

続きを読む