Vocareate Project Blog

フリーVSTbotのVocareate Project(ボカリエ)ブログ

jBridgeでGUIの無いMagical 8bit Plugのようなプラグインを正しく表示し使用する方法

32bitのプラグインを64bitで動かせるjBridgeというソフトがあります。

jBridge ( for Windows )


フリーのプラグインでは32bitのみというものがあるためjBridgeにはお世話になっているのですが、プラグイン固有のGUIがないプラグインを読み込むと表示されないのです。

Magical 8bit Plug!あなたですよ!

www.ymck.net

続きを読む

ヘッドフォンの周波数特性をフラットにするプラグイン『Morphit』がデモ版でも普通に使える!

ヘッドフォンの周波数特性はいくら高級なモニターヘッドフォンであっても、完全にフラットではありません。

そのため別の環境で聴くと思っていたようなサウンドではなかったというような事があります。

 

DTMで使われるプラグインの中には、スピーカーキャリブレーションやヘッドフォンキャリブレーションといった周波数特性をフラットにし、最適なモニター環境を構築出来るものがあります。

 

有名なものとしてはIK MultimediaのARC System(スピーカーキャリブレーション)や

www.ikmultimedia.com

IK Multimedia ARC System 2.5 通常版 - 音場補正システム【国内正規品】

IK Multimedia ARC System 2.5 通常版 - 音場補正システム【国内正規品】

 


SonarworksのReference 4(スピーカー、ヘッドフォンキャリブレーション)があります。

 

 

ヘッドフォンキャリブレーションはこのReference 4の知名度が高いのですが、もちろんこれだけではありません。

ToneBoostersのMorphitというプラグインがあります。

続きを読む

ステミキいらず!仮想ミキサーVoicemeeter Bananaを使ってDTM配信をしてみよう

ニコニコ生放送ツイキャスYouTube Liveなどたくさんのストリーミングの配信サービスがあります。ゲームだとTwitchなんかもありますし、その他にもたくさんの配信サービスがあり今や広く普及していますよね。

中にはDAWを起動してDTMの配信を行ったり、ギターの演奏やミキシングの様子を公開している人もいますね。

f:id:vocareateproject:20180128112442p:plain

しかしWindows環境でDAWを使った配信には難点があります。

実際にやったことがある方は分かると思いますが、DAWの音だけステレオミキサー機能などを使っても配信されません。

なぜかといいますと多くの場合DAWではASIOで音を出力しています。Windowsで出力される音は全てカーネルミキサーというものを通って一つにまとめられるのですが、ASIOはこのカーネルミキサーを通らないため配信に音を乗せることはできないのです。

そこで対処法を検索してみると…オーディオインターフェースのループバック機能を使う方法や、オーディオインターフェースのアウトプットからインプットへケーブルで繋ぐ方法、DAWの出力をASIOからWASAPI(共有モード)に切り替えるといった方法が出てきます。

しかしこれらは問題点が多いです。


オーディオインターフェースのループバック機能を使う

ASIOの音を配信できる最もオーソドックスな方法ですが、当然ループバック機能が付いていないオーディオインターフェースではどうしようもできません。また、ループバック機能が付いていても安価なオーディオインターフェースでは簡易的なミキサー機能しか付いておらずマイクの音量とPCの音量のコントロールが難しい事があります。

②アウトプットとインプットをケーブルで繋ぐ

配信を行うだけなのに少々面倒ではあります。1万円台のオーディオインターフェースではインプットが2つの場合が多いですが、マイクの入力も考えると最低で3つ以上のインプットが必要です。

③ASIOからWASAPI(共有モード)に切り替える

どんな環境でも出来る方法ですが、もちろんASIOと比べると若干音が変わりますし、遅延の問題とDAWの安定性の問題も出てきます。


環境によっては敷居が高くやりたくてもできない方もいるのではないでしょうか?


そこでこれらの問題を仮想ミキサーソフト『Voicemeeter Banana』で解決しましょう!
f:id:vocareateproject:20180128114544p:plain

続きを読む

2018年最新版!初心者DTMerのためのフリー作曲ソフト(DAW)徹底比較

※別のブログより移行した記事です。

 

DTM』の知名度が上がり、PCで作曲を始めてみたい方も多くなってきたと思います。

でもどのソフトでどんなことをすればいいのか…ソフトは探してみたけどいっぱいあるし違いがよく分からない!ある程度の知識がないと訳がわからないと思います。

打ち込み、録音が出来るDAW(Digita Audio Workstation)と呼ばれるソフト。たくさんあります。

そこでこれからDTMを始める人も分かりやすくフリーでダウンロード出来る便利なDAWソフトをご紹介します!

 

続きを読む

【終了】SONAR HOME STUDIOを500円で手に入れる方法!

SONAR HOME STUDIOを500円で手に入れる?

正規の手法を使って激安でゲットしてみましょう。

イギリスのDTM雑誌である『Computer Music Magazine』の250号バックナンバーを購入してシリアルコードを手に入れます。


購入方法

イギリスの雑誌のため電子書籍で購入するのが現実的でしょう。

Google PlayApp Store、ZINIOにて購入できます。

play.google.com

Computer Music Magazine

Computer Music Magazine

  • Future plc
  • ミュージック
  • 無料

 

gb.zinio.com


Google Playで購入してみましょう。

f:id:vocareateproject:20180117221557p:plain

450円で購入できるようですね。『Buy Issue ¥450』をクリックし、PayPalから支払って購入しました。もちろんプリペイドからチャージしたウォレットでも大丈夫です。

f:id:vocareateproject:20180117221710p:plain

購入すると『Read』に変わり、購読することができます。

f:id:vocareateproject:20180117222948p:plain

Sonar Home Studioの記事を見ると登録方法からインストール、セッティングまで記載されています。

Google Chromeだと翻訳機能があるので、英語が苦手な方は機械翻訳を使うといいですよ。

さてこのシリアルコードを見て気付いたのですが…問題のサイトで配布されいたものと同じシリアルコード。つまり誰が購入しても同じシリアルコードなのです。元から使いまわし前提のシリアルコードだったのですね。…とはいえこれは正規の方法です!

そのシリアルコードを下記から登録します。Cakewalkアカウントが無い方は作成する必要があります。

www.cakewalk.com

これでSONAR HOME STUDIOとRapture Session(簡易版総合音源)がダウンロード出来ます。

直接インストーラーをダウンロードするか、Cakewalk Command Centerからダウンロードというどちらかの方法でダウンロードしインストールしてください。

 

正直なところ…

DTMこれから始めるという方には良いきっかけですが、開発終了してしまったDAWなので本格的にやりたいという方は他のDAWを購入して始めることをおすすめします。

フリーVSTbotが選ぶおすすめのおにぎりベスト10!

先日Twitterで行ったアンケートにて最も票数が多かった『おにぎり』のベスト10を発表します。

 

そもそもおにぎりとは

 

おにぎり(御握り)は炊いた米、すなわちご飯に味を付けたり具を入れたりして、三角形・俵形・球状などに加圧成型した食べ物である。通常は手のひらに載る程度の大きさに作る。

作り置きが可能である。さらに保存性・携行性に優れておって手づかみで食べられることから日本で古くから今日に至るまで携行食や弁当として重宝されている。

Wikipediaより

 

日本古来より親しまれ、合戦の際に塩にぎりが食べられていたという話もあります。

 

そんな日本人に馴染み深いおにぎり。ベスト10を発表します。

 

続きを読む

無料のAddicitve Drums 2デモ版で使えるプリセット4種配布

f:id:vocareateproject:20170826154917p:plain

無料で使えるAddicitive Drums 2デモ版のFairfax Vol.1(キック1種、スネア1種、ハイハット1種、クラッシュシンバル1種のみ)を使ってプリセットを作りました。


このデモ版に収録している4種類のプリセットがありますが…4種類ですからね。フリーVSTbot管理人としてここはプリセットを作るべきだと。ちなみにAddictive Drums 2のStudio Pop、Studio Rock、Indie、Black Velvet、United Heavyを所持しておりAD2を普段からよく使っています。


では今回作ったプリセットのサウンドはこちら。1つ目はタイトなポップスやロックに使えるサウンド。2つ目はルームマイクの音を多めに使った部屋鳴りがしっかりとあるもの。3つ目はキック、オーバーヘッド、ルームマイクで音作りをし、昔ながらの録音手法をイメージ。4つ目は大胆に音を変えたダンスミュージックでも使える音作りをしました。

プリセットのダウンロードはこちらから。


プリセットの導入方法ですが、Addictive Drums 2のプリセットフォルダにダウンロードし解凍したファイルを入れてください。

Windowsであれば"C:\Users\ユーザー名\Documents\Addictive Drums 2"の中にあるフォルダにプリセットフォルダがあると思います。Macは………。


上記リンクからダウンロードせずXLN Audioのページから直接インポートする方法もあります。

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot1.AD2Preset

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot2.AD2Preset

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot3.AD2Preset

Fairfax Vol 1 Demo - freevstbot4.AD2Preset


フリープラグインで頑張っているDTMerの皆さん是非使ってください。